Interviewインタビュー

【第30回ラクロス全日本選手権大会に向けて】男子|クラブチーム代表・FALCONSより意気込み

Photo by 日本ラクロス協会オフィシャルフォトグラファー 海藤秀満

2019年12月15日(日)に第30回ラクロス全日本選手権大会が開催されます。
今年の全日本選手権大会はラクロス全日本大学選手権大会を優勝したチームと全日本クラブ選手権大会を優勝したチームが戦います!

今回は男子ラクロス全日本選手権大会決勝を戦うFALCONSの主将、そして今注目の選手より試合に向けての意気込みをご紹介します!

<大会概要>
大会名:第30回ラクロス全日本選手権大会(英称:Japan National Lacrosse Championships 2019)
開催日:2019年12月15日(日)
会場:東京・江戸川区陸上競技場
アクセス:東京メトロ東西線「西葛西駅」下車、バス5分又は徒歩15分 (地図)

▶︎スケジュール
 9:30 開場
 10:00 女子試合 立教大学(大学選手権1位) vs NeO(クラブ選手権1位)
 12:00 ジュニアイベント
 13:30 男子試合 早稲田大学(大学選手権1位) vs FALCONS(クラブ選手権1位)

入場料:当日券:1,500円(税込)/中学生以下無料、会員入場券:1,000円(税込)
    ※会員外の方は当日券をお求めください。前売り販売はしておりません

FALCOSN|主将・石黒哲雄 AT 明治大学卒


FALCONSの強さの秘密は技術や戦術だけではありません。
クラブ選手権や全日本選手権での対戦チームは、洗練された強豪ばかり。
FALCONSの技術や戦術がどれだけ向上されていても、それだけでは11年間勝ち続けれるわけがない。
過去の戦績を見ても僅差での勝利は多く、練習試合では負ける事もしばしば。
ではなぜFALCONSが日本の頂点に君臨し続けているか。
僕自身過去5回日本一を経験した中で勝つために最も重要であることは何かを知り、チーム全員と共に1年間積み重ねてきました。
それが間違っていなかったと、先日の全日本クラブ選手権の決勝ではグラウンドで証明。
偉大なる先輩が作り上げたFALCONSのDNAを引き継ぎ、新しい武器も磨き続けてきた今年のFALCONSに死角無し。

「FALCONS楽しそうだなぁ」観戦して頂いた方はきっとそう思うはず。

愛くるしい先輩方と尊敬する後輩達、暗黒な同期達と共に、最高の舞台で最高のラクロスをします。
嫌われ者のFALCONSも今年は少しだけ応援して下さる方が増えました
ご声援が力になります。決勝もよろしくお願いいたします!シャイン!

FALCOSN|注目選手・後藤功輝 MF 早稲田大学卒


FALCONSに入団し、早半年が経ちました。
去年までは、早稲田大学の部員として絶対王者FALCONSに勝ち、日本ラクロスの歴史を変えることを目標に日々精進していた自分にとって、今FALCONSの一員としてプレーしていることはとても不思議な感覚です。
勝つ事が当たり前、そんな期待をされているこのチームに入団し、一番のギャップは勝ち続けることの難しさです。先日の全日クラブ決勝も然り、点差だけを見ると決して圧倒的な立ち位置にいる訳ではありません。
何故勝ち続けられるのか、それは純粋にラクロスを楽しみ、常に視座高く真摯にラクロスに取り組んでいる集団だからだと、個人的に感じます。それが、勝ち続ける理由、強くあり続ける理由だと思います。
今年1年間を振り返ると、海外遠征や数々の接戦など、技術面だけでなくチームとして成長を加速させるような経験を積んできました。個々の能力だけじゃなく、チーム一体となったFALCONSを最高の舞台でお見せします。
FALCONSのラクロスを見て、ラクロスって楽しい、楽しそう、そんな想いが伝われば嬉しいです。
僕もこの舞台で、母校早稲田、可愛い後輩たちと試合する事が非常に楽しみです。
頑張ります!

この記事が気に入ったら "" をチェックしてね♪

いいね!
読み込み中...

Related Article関連記事

Latest Article最新記事 一覧へ

Feature 特集一覧へ