Interviewインタビュー

【関東地区ラクロス|大学2年生向け新人戦】2019年あすなろカップ(関東学生ラクロスユーストーナメント)女子|優勝チーム&MVPにインタビュー

関東地区の大学2年生向け新人戦である “あすなろカップ” の女子の部で見事優勝を果たした日本体育大学。

2019年あすなろカップの結果はオフィシャルサイトよりご覧ください↓

日本体育大学は関東地区の大学3大新人戦であるサマーステージ、ウインターステージの2冠を果たしており、今回のあすなろにおいては新人戦制覇の3冠のタイトルをかけて戦い、見事勝利をしました。
大学フレッシュマンラクロスをリードしてきた日本体育大学ラクロス部で今回のあすなろMVPの山根萌奈選手(サマーステージもウインターステージもMVP獲得)と育成コーチの大森 すみれさんにお話を伺いました。

2019年あすなろカップ(女子)MVP|山根萌奈選手


【名前】山根萌奈 -やまねもな- (コートネーム:リズ)
【所属】学友会日本体育大学ラクロス部
【大学】日本体育大学スポーツマネジメント学部スポーツマネジメント学科
【過去スポーツ歴&スポーツでの過去受賞等】ラクロス 2018年関東サマーステージ&ウインターステージMVP獲得
【好きな言葉】明日は明日の風が吹く
【ラクロスを始めたきっかけ、理由】高校のラクロス部が強くて楽しそうだったから。
【ラクロスの好きなところを教えてください】自分の為じゃなくて、仲間の為に頑張ろうと思えるところ。可能性が無限大なところ。
【今回のあすなろの試合の中で印象に残ったプレーは?】
明治大学との決勝戦でラスト90秒で2点差つけられている中、ギリギリで追いついたところです。不安もありましたが自分なら決めれるという自信もありました。

【目指しているラクロス選手像は?どんなラクロス選手でありたいですか?】
チームの中心選手としてどんな時でも頼られる選手になりたいです。
ラクロスにおいて大事なのは技術だけが上手いだけではなく “強い選手” だと思っています。チームが大事な時に決められる選手になりたいです。
【今シーズンの抱負・目標は?】
リーグ戦で日本一を取る事と、チームに貢献する為に日々ラクロスと向き合うことを大事にしていきたいと思っています。

2019年あすなろカップ(女子)優勝|日本体育大学ラクロス部


【チーム代表者氏名】大森 すみれコーチ(東日本女子クラブチーム NeO所属)
【チーム代表者の過去スポーツ歴】
バスケットボール6年
陸上競技6年
ラクロス10年 2011年U-19 2018年全日本選手権優勝(NeO)

2019年あすなろカップ(女子)の日本体育大学の戦績

《予選トーナメント》
vs日本・大東文化合同チーム 6-0 win
vs早稲田大学 5-0 win
《決勝トーナメント》
vs横浜国立・一橋合同チーム 5-3 win
vs東海・日女体合同チーム 8-0 win
vs明治大学 5-4 win
決勝戦vs明治大学では残り90秒で2点ビハインドの中、同点に追いつきサドンビクトリーにより勝利しました!!

2019年あすなろカップ(女子)のチームメンバー構成

日本体育大学所属者 計24名

刀澤希与恵
増田千陽
立花優里
藤井真由
天笠瑠美
有森萌華
石橋佳奈
安藤舞美
佐々木蛍
二郷日菜子
戸村舞花
樋川莉奈
相澤ひかる
河崎真由子
奈良美里
長谷川ひかり
堀このみ
下山ゆうか
田村向日葵
宮原唯菜子
茂木つばさ
山根萌奈
郡司菜々子
安土月乃

今回のあすなろに向けて特別意識してきたこと・練習などはありますか?

選手同士でやりたいこと、目標を考えて、たくさん会話をすることを大事にしてきました。
また選手やスタッフそれぞれができることを怪我人含め全員が “チームのために行動をすること” を意識してきました。
日本体育大学の練習では、とにかく互いのプレーをみるように伝え、いいプレーは褒め合う文化を大切にしています。

Photo : 本人提供

この記事が気に入ったら "" をチェックしてね♪

いいね!
読み込み中...

Related Article関連記事

Latest Article最新記事 一覧へ

Feature 特集一覧へ

現在、お知らせはありません